プラチェ インフォメーションプラチェ使い方のポイント > 夏枯れ肌のスキンケア 秋に向けての集中トリートメント

プラチェの使い方のポイント
プラチェ 冬の乾燥対策にWモイスチャーケア
(スペシャル保湿ケア)

夏の猛暑を乗り越えた肌は、疲れて乾燥しがちです。
化粧水や美耀液を多めにつけても、クリーム類をプラスしても回復しないお肌は、1回このケアをお試しください。
できれば週に1回、週末のスペシャルケアとしてどうぞ。

1.洗顔後、モイスチャークリームをつけ、しばらく浸透するのを待ってから、モイスチャーパックを付けます。その上からラップをします(※)。
2.10分ほど待ってパックを洗い流します。
3.美耀液、モイスチャークリーム(美耀クリームでも可)をつけて終了です。
※ラップの目と鼻の部分は穴をあけるなりしてください。

モイスチャークリームは、言うまでもなく乾燥肌の必需品です。
さらにモイスチャーパックは肌の角質層を柔らかくします。

乾燥が進むと、肌は硬くなり、その結果スキンケアをしても角質層に浸透しにくくなります。同じお金と手間をかけても、成果が得られにくくなってしまうということなのですね。
こすったり削ったりの刺激の強いケアをしたり、刺激の強い化粧品を使うと、角質層は薄くなり、さらに防御のために硬くなりがちです。また、水分量が不足して乾燥が進んでも同様です。

つまり、モイスチャークリームにモイスチャーパックを重ねることで、肌を柔らかくしてモイスチャーパックとクリームの両方の成分を浸透させるのが、このケアの目的です。
さらに、洗い流したあとに美耀液とクリームを重ねることで、角質層に入った水分をキープします。
翌日のお肌のご感想、ぜひお聞かせください。

お客様からの体験コメントもいただいております。
………………………………………………………………………………………
「モイスチャークリームとモイスチャーパックのWモイスチャーケア!! 
夜のお風呂上りにやってみました。塗り塗り塗り…手にいっぱいついたの
をそのまま洗い流すのももったいない!… と貧乏性の私は、手の甲にも
伸ばして、旦那に頼んで手にもラップを巻き巻き巻
き…。さらに!ラップ…ときたら、蒸しタオルをプラスすれば効果アップ?
と思いさっそく実行。
(蒸しタオル作り→顔のラップ貼り→蒸しタオル乗せは旦那にお願い(^-^)v
しばらくおいて洗い流したあとは、日頃の洗い物などで
かさつきはじめていた手の甲も、すべすべーーーー♪ ほっぺもふくふく
やわやわーーーーーーー♪♪ 翌朝も触ってみると持続してるぅ〜。出勤
前の旦那にも『まだしっとりしてるね。』と言われました^^」
(04/12/19 東京都 M.M様)
………………………………………………………………………………………
「スペシャル保湿ケア、目の周りのかさかさが1日で直りました。もうひた
すらモチモチです。メイクのりもよいみたいです。満足です。」
(04/12/19 東京都 R.K様)
………………………………………………………………………………………
「毛穴が開きやすいんですが、これをやったら毛穴がひきしまった気がし
ます。キメが目に見えて細かくなりました。」(04/12/17 東京都 M.K様)
………………………………………………………………………………………