プラチェ インフォメーションプラチェ使い方のポイント > 夏枯れ肌のスキンケア 秋に向けての集中トリートメント

プラチェの使い方のポイント
プラチェ 夏枯れ肌のスキンケア
秋に向けての集中トリートメント

  • この夏、けっこう日焼けしてしまった
  • 毎年秋になると、肌が乾燥する気がする
  • 冬になると、肌が粉っぽくなるのがあたりまえになっている

上記の症状に当てはまる方は、夏のお手入れ不足等により、乾燥肌になってしまったり、ターンオーバーが遅くなってしまっている可能性があります。これらの症状は、プラチェスペシャルケアラインで集中ケアで緩和できます。

目標は以下のとおりです。
1.枯れた肌を保湿する(モイスチャーパック
2.角質層内のメラニンを分解(ホワイトゲル
3.肌表面の老化角質(垢)を落とす(ホワイトパック
いずれも夜のお手入れとして行なってください。

ステップ1
(1) 洗顔後、すぐにモイスチャーパック5gをお顔全体に伸ばします。
(2) 10分〜15分放置後、洗い流します。
(3) 柔らかいタオルでふき取り、華粧水、リキッド、ホワイトゲル(または美耀クリーム)で保湿します。
※このお手入れを1日おきに2週間続けます。肌が潤ってきたなと実感できたら、ステップ2に進みます。まだ乾燥しているようでしたら、様子を見つつ、このお手入れを続けてください。

ステップ2
(1)洗顔後、華粧水(ローション)
5プッシュをしっかりとつけます。
(2)ホワイトゲル1.5gをつけます。このとき美耀液(リキッド)を2〜3プッシュほど追加してもよいです。
(3)(2)が肌になじんで肌表面がもちもちしてきたら、ホワイトパック5gをお顔全体に伸ばします。
(4)10分放置後、洗い流します。
(5)華粧水5プッシュ、美耀液3プッシュをしっかりつけます。
※このお手入れを週2回お続け下さい。
※ホワイトパックは週1回を推奨していますが、先にホワイトゲル、美耀液を肌に入れることで、肌への刺激を緩和できます。
※ホワイトパックは肌の色が隠れるくらいの量をお使いください。少量を無理に伸ばすと、毛穴に入ってしまったりする場合もございます。