プラチェ インフォメーションプラチェ使い方のポイント > 乾燥対策に美耀液(リキッド)を使いこなそう

プラチェの使い方のポイント
プラチェ 乾燥対策に美耀液(リキッド)を使いこなそう

夏の猛暑などの影響が、今になって肌に出ている人も増えているようです。肌が弱っているときは、とにかく乾燥にお気をつけて。
プラチェは乾燥対策をしつこくお話していますが、今回は美耀液を中心にお話いたしましょう。

肌がいちばん乾燥するのはお風呂上り。暖まった肌がさめていく間に、水分はどんどん失われます。
すぐにお手入れできないときは、お風呂上りに美耀液(リキッド)をさっとつけて下さい。

リキッドはキチンキトサンで肌に薄い膜をつくりますが、プロテクターよりは膜の目が粗くできていますので、あとからローションなどをつけても大丈夫です。ですから、あとからゆっくりお手入れをしたいときは、とりあえずリキッドをつけておくのはお勧めです。

乾燥で角質層が傷んでいると、刺激の少ないプラチェのローションでさえしみてしまうことがあります。そんなときは、リキッドを先につけてからローションをつけましょう。刺激が緩和されます。

本格的な乾燥対策にはモイスチャーパックがお勧めです。