プラチェ インフォメーションプラチェ使い方のポイント > 洗顔のポイントはソープの泡立て

プラチェの使い方のポイント
プラチェ 洗顔のポイントはソープの泡立て

肌のキメが下に流れ、 たるみになったりくすんだり、肌の老化を早める原因を作っていたのは、まちがった洗顔です。石けんを顔につけてから泡立てようとすると、指に力が入って肌をこすってしまいます。 その刺激が、たるみやくすみなどの肌トラブルを招いていたのです。
肌を傷めない洗顔の基本は、泡で包み込むように洗うこと。
そのためには、指が肌に直接触れないようにするクッションとなる、クリーミーで弾力のある泡を作ることが大切です。
そしてすすぎは、ソープが肌に残らないように丹念に洗い流すのがポイントです。

バブルネットを使ったソープ泡立てのポイント

1.バブルネットをよく濡らし、プラチェソープを5回ネットの上で転がします。(洗顔前には必ず手を洗いましょう)

2. ソープと水と空気を混ぜ合わせるような感じで、力を入れずに泡立てます。少しずつぬるま湯を足しながら濃度を調整します。

3.クリーミーで弾力のある泡ができたら、ネットからしぼり取ります。リングがはずれないようにご注意を。

4.出来上がった泡を手でもう一度空気をなじませるように練り直して、泡が吸い付くような弾力のある泡に仕上げます。

洗顔のポイント
泡をたっぷり顔にのせ、泡をクッションにして軽くおさえるように洗います。肌の弱い方は、泡を顔の上にのせ、15〜20秒放置します。
※小鼻の脇やこめかみ、髪の生え際もお忘れなく。
32〜34度のぬるま湯で、お湯で流すように洗い落とします。決して手でこすらないように、シャワーで流すのがベストです。
※フェイスラインのすすぎ残しにご注意を。